Haskell

リストモナドの非決定性/可能性について

勉強中、リストモナドの挙動が興味深かったので、ざっくり調べて

フィボナッチ数列(memoization)

memoization(?) 次に、memoizationによるフィボナッチ数列関数の作

フィボナッチ数列(タプリング法)

naive fib まずnaiveな定義から。 slowFib 0 = 1 slowFib 1 = 1 slowFib n = slowFib (n-1) + slowFib

Haskellの素因数分解

headPrimeFactor :: Integer -> Integer headPrimeFactor n = if fstprime == [] then n else head fstprime where fstprime = filter primes [2..sqrt'] primes x = n `mod` x ==

種類の数を数える(重複の削除)

複数の要素を扱うための基礎的なライブラリをいろいろテストして