魔法とノスタルジー – Jamil Jan Kochai's "Playing Metal Gear Solid V: The Phantom Pain"

www.newyorker.com

The New Yorkerの誌面にしてわずか3ページほどの掌編だが、素晴らしく面白かった。タイトルからして最高で、そして期待をさらに上回る読書体験。ゲーマーならずとも必読。

少年の父はアフガニスタン出身で、アフガンでの戦争体験があり、それが現在の心と身体に深刻に影響している。少年がプレイする「メタルギアV」はアフガンその地をディテールまで丁寧に再現した作品。少年は画面の中に、若き父とその亡き弟―生前の写真が家に飾ってある―がいるのを見つける。彼らをここから助け出さなければならない。その強迫的とも言える考え―つまり幻肢痛だろう―にとらわれた少年は、必死にプレイを続けるが…。

これはひとまずは古典的なSFの仕掛け、つまりタイムリープであり、「過去を変えることで現在を変える」というモチベーションで駆動された感情のドラマなのだが、しかし一方で、何もSFの要素などない、と言うこともできる。少年の目の前にあるのは(おそらくPS4と)モニターだけであり、それはどこにでも置かれているデバイスにすぎない。あるいはゲームこそがSFなのかもしれない。SFであり魔法なのかもしれない。私たちはゲームをプレイすることであらゆるところに行ける。何者にだってなれる。「メタルギアV」ほど作り込まれたゲームでなくとも―もちろん小島監督の執念によって生み出されたこのタイトルの精細さがある種のトリップを生むきっかけにはなるのだけれど―8bitのゲームでさえ、私たちをここではないどこかへ連れていってくれることを、私たちはもう知っている。というよりは、この掌編を読んで、そのことを思い出す。

あらゆる要素が現代的であるにもかかわらず、魔法が父と少年を束の間救う。そして、僕の胸に圧倒的なノスタルジーを残していく。


作者インタビューによると、この掌編は一昨年出版された同作者による初の著書・99 Nights in Logarと関連が深いとのこと。レビューを眺めた限りではかなりクセの強そうな本である。