tudurikata

 tudurikata

RustプロジェクトのビルドテストをGithub Actionsで行う(Arch Linuxのタグに要注意)

2021-11-25
/code#Github Actions#Arch Linux#docker#Rust

タイトルの通りなのだが、若干ハマったので記録しておきます。

Rustのプロジェクトにおいて、自分のローカル環境以外でもうまくインストールできるかのテストを行うためにGitHub Actionsを使っている。

# .github/workflows/install_test.yml

name: 'install test'

on:
  push:
    branches-ignore: 'main'
    paths-ignore:
      - '*.md'

env:
  CARGO_TERM_COLOR: always

jobs:
  ubuntu-install:
    runs-on: ubuntu-latest
    steps:
    - uses: actions/checkout@v2
    - name: Install
      run: |
        cargo install --path .
  macos-install:
    runs-on: macos-latest
    steps:
    - uses: actions/checkout@v2
    - name: Install
      run: |
        cargo install --path .
  archlinux-install:
    runs-on: ubuntu-latest
    container:
      image: archlinux:latest
    steps:
    - uses: actions/checkout@v2
    - name: Install
      run: |
        pacman -Syu --noconfirm
        pacman -S gcc --noconfirm
        pacman -S rustup --noconfirm
        rustup install stable
        rustup default stable
        cargo install --path .

jobsは3つ。Ubuntu上・macOS上・Arch Linux上それぞれでのインストールをテストしている。(cargo install --path .が通ればcrates.ioからのインストールも問題ないという認識)

ご覧の通り、UbuntuとmacOSでは特に追加でライブラリをインストールする必要なくパスしているが、archlinux:latestを使った最後のテストでは、gccrustupを先にインストールしている。 rustupがarchlinux:latestに含まれていないのは当たり前のことなのでこれは良い。問題なのはgcc

gccを事前インストールしない場合、テスト中に

error: linker `cc` not found
  |
  = note: No such file or directory (os error 2)

とビルドエラーが出てしまう。

そもそものarchlinux:latestイメージの中に入ってみると、

# docker run -it archlinux:latest
[root@0fd34e31306a /]# pacman -Qi gcc
warning: database file for 'core' does not exist (use '-Sy' to download)
warning: database file for 'extra' does not exist (use '-Sy' to download)
warning: database file for 'community' does not exist (use '-Sy' to download)
error: package 'gcc' was not found

うーん、やっぱり入ってない。gccが含まれてないなんて、そんなことある? と思いながら、テストはパスするのでそのままにしていた。

でもやっぱり引っかかる。そこで、よく公式の説明を読んで見ると…

Besides base we also provide images for the base-devel package group.

tagにちゃんとbase-develがある…! そして

The latest tag will always match the latest base tag.

はい、ありがちなbase-devel抜け。
何も考えずlatestを使ってはいけないという教訓を得ました。

というわけで冒頭のymlを次のように変更。

  archlinux-install:
    runs-on: ubuntu-latest
    container:
      image: archlinux:base-devel
    steps:
    - uses: actions/checkout@v2
    - name: Install
      run: |
        pacman -Syu --noconfirm
        pacman -S rustup --noconfirm
        rustup install stable
        rustup default stable
        cargo install --path .

データベースの更新はいずれにせよ必要として、gccの明示的インストールを削除。テストももちろんパス。あースッキリした。