tudurikata

 tudurikata

[Arch Linuxインストールメモ(2020)]
2020-09-20

(2021-03-21) このメモは古く、現行バージョンでは使えません。記録として残しています。ArchWikiを読みましょう。

Arch Linuxインストールの覚書。将来の自分へのメモとして。

liveインストールの時点でどの程度パッケージを入れておくかは自由だが、インストール自体が初めての場合はpacstrap段階では基本パッケージ、エディタ、ネットワーク関係(これも選択肢は複数ある)くらいにとどめておき、後でX以下を入れていくほうが理解が進むのでいいと思う。

インストール後トラブルの未然防止策

はじめに

UEFIモードでliveUSBを起動すること

まずwifi接続

wifi-menu

パーティション

リストを確認

fdisk -l

パーティションブレイク

sgdisk --zap-all /dev/nvme0n1

パーティション分割開始

gdisk /dev/nvme0n1
Command (? for help): o
This option deletes all partitions and creates a new protective MBR.
Proceed? (Y/N): y

Command (? for help): n
Partition number (1-128, default 1): default
First sector (34-xxxxxxxxx, default = xxxx) or {+-}size{KMGTP}: default
Last sector (xxxx-xxxxxxxxx, default = xxxxxxxxx) or {+-}size{KMGTP}: +500M
Hex code or GUID (L to show codes, Enter = 8300): ef00

Command (? for help): n
Partition number (2-128, default 2): default
First sector (34-xxxxxxxxx, default = xxxxxx) or {+-}size{KMGTP}: default
Last sector (xxxxxx-xxxxxxxxx, default = xxxxxxxxx) or {+-}size{KMGTP}: default
Hex code or GUID (L to show codes, Enter = 8300): default

Command (? for help): w

Do you want to proceed? (Y/N): y
OK: writing new GUID partition table (GPT) to /dev/nvme0n1

フォーマット

mkfs.fat -F32 /dev/nvme0n1p1
mkfs.ext4 /dev/nvme0n1p2

マウント

mount /dev/nvme0n1p2 /mnt
mkdir /mnt/boot
mount /dev/nvme0n1p1 /mnt/boot

ミラーリストの編集

vi /etc/pacman.d/mirrorlist

時計合わせ

timedatectl set-ntp true

パッケージインストール開始

基本パッケージ

pacstrap /mnt base linux linux-firmware base-devel man-deb man-pages

ネットワーク関係

pacstrap /mnt networkmanager nm-connection-editor network-manager-applet

テキストエディタ

pacstrap /mnt nano vi nvim

デスクトップ環境(X)

pacstrap /mnt xorg-server xorg-apps xorg-xinit

デスクトップ環境(WM)

pacstrap /mnt i3

i3関連

pacstrap /mnt vifm feh picom rxvt-unicode rofi parcellite

日本語周り

pacstrap /mnt fcitx fcitx-mozc fcitx-im fcitx-configtool

その他

pacstrap /mnt chromium xf86-video-intel lightdm lightdm-gtk-greeter

Fstab作成

genfstab -U /mnt >> /mnt/etc/fstab

chroot

arch-chroot /mnt

タイムゾーン

ln -sf /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime

adjtime生成

hwclock --systohc

LANG

vi /etc/locale.gen
	en_US.UTF-8 UTF-8
	ja_JP.UTF-8 UTF-8

locale-gen
echo LANG=en_US.UTF-8 > /etc/locale.conf
export LANG=en_US.UTF-8

ホストネーム

echo hostname > /etc/hostname
vi /etc/hosts
127.0.0.1	localhost
::1		localhost
127.0.1.1	hostname.localdomain	hostname

rootパスワード

passwd

リポジトリアップデート

pacman -Syy

マイクロコードアップデート インストール

pacman -S intel-ucode

boot-loader

pacman -S grub efibootmgr
mkdir /boot/efi
mount /dev/nvme0n1p1 /boot/efi
grub-install --target=x86_64-efi --bootloader-id=GRUB --efi-directory=/boot/efi
grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg

終了・再起動

exit
umount -R /mnt
shutdown now