tudurikata

 tudurikata

Arch Linux再インストールで発見したこと

2021-03-21

先日自分のミスでパーティションをブレイクしてしまい、Arch Linuxが起動不可の状態に。インストールメディアを準備してarch-chrootすればもしかしたら救出できたのかもしれなかったが、少し時間があったのでこの際、とクリーンインストールをした(ちょうどKDE neonを入れたサブ機を用意したてだったのが本当にラッキーだった)。前回インストールをしたのは1年前だったと思うが、少し様子が変わっていたのでメモ。

ログをとれるようになっていた

もしかするとこれは前からだったかもしれないが、インストール作業のログをとれるようになっている。また、ArchWikiへの誘導も冒頭にあって、ちょっぴり親切な雰囲気が醸し出されていた。

wifi-menuが使えない

最新のisoではwifi-menuが含まれていないのか、開幕wifi-menuでとりあえずネットワーク接続を確保するということができない。
ArchWikiではiwctlによる接続を推奨している。

iwctl
device list # デバイス名の確認
station <デバイス名> connect <アクセスポイント名>

これでOK。接続したらctrl+Cで抜けることを忘れずに。

systemd-bootの設定をミスしても泣かない

ここで何回かミスってしまったのだが、最初からやり直す必要はない。インストールメディアを挿したまま再起動し、ネットワーク接続を確保した後、マウント。

mount /dev/device2 /mnt
mount /dev/device1 /mnt/boot

その後、

arch-chroot /mnt

これで/boot以下の設定ファイルもいじれるようになる。

個人的にミスしやすいポイントとしては、/boot/loader/entries/arch.conf内のoptions行。
blkidで調べたPARTUUIDを入れるのだが、間違えてUUIDを入れるとか、違うパーティションのPARTUUIDを入れてしまうといったミスが起こりやすい。ここは落ち着いて写真を撮って進行しましょう。

systemdでやりくりするように組む

以前はこの記事にあるようにブートローダーとしてgrubを選択していたのだけど、このコマンドを正確に打つのめっちゃ大変ですよね。systemd-bootに切り替えたほうがインストールは楽になるはず。
ネットワーク接続についても、複数のパッケージで組もうとするとその分再インストールの手間が増え、手順も複雑になって後々わけがわからなくなるので、極力systemd内で生きていくように選択していったほうがよいように思う。
ネットワーク接続は僕の場合、iwdを入れてiwctlで接続したのち、systemd-networkdとsystemd-resolvedをenableし、dhcpcdも入れてnetworkdの各種設定ファイルを作成、で再起動後も自動接続できた(こう書くとかなり面倒くさそうだが、意外とそうでもない)。